三菱地所物流リート投資法人

ENGLISH

印刷

文字サイズ

外部評価・認証の取得

  1. ホーム
  2. ESGへの取組み
  3. 外部評価・認証の取得

国際イニシアティブへの署名・参加

責任投資原則(PRI)への署名

「責任投資原則(PRI)」とは、2006年にコフィ・アナン国連事務総長(当時)が金融業界に対して提唱した、以下の6つの原則を実現させるための国際的な投資家のネットワークであり、国連環境計画(UNEP)及び国連グローバルコンパクト(UNGC)によって推進されています。
原則では、環境(Environment)・社会(Society)・ガバナンス(Governance)の課題を投資の意思決定に取り込むことが提唱されており、これらの視点を投資の意思決定プロセスに組み込むことで、受益者の長期的な投資パフォーマンスを向上させ、受託者責任を更に果たすことを目指しています。2019年3月時点の署名機関数は約2,300機関、その運用資産残高の合計は86兆米ドル以上となっています。
本資産運用会社は、この基本的な考え方に賛同し、2020年3月に署名機関となりました。

<責任投資原則の要旨>
1. 私たちは投資分析と意思決定のプロセスにESGの課題を組み込みます
2. 私たちは活動的な所有者となり、所有方針と所有習慣にESGの課題を組み入れます
3. 私たちは投資対象の主体に対してESGの課題について適切な開示を求めます
4. 私たちは資産運用業界において本原則が受け入れられ、実行に移されるように働きかけを行います
5. 私たちは本原則を実行する際の効果を高めるために、協働します
6. 私たちは本原則の実行に関する活動状況や進捗状況に関して報告します

GRESBリアルエステイト評価の取得

GRESBは、欧州の年金基金グループが創設した不動産会社・運用機関のサステナビリティ配慮を測るベンチマークで、主要機関投資家によって投資先を選定する際等に活用されています。本投資法人は2020年に実施されたGRESBリアルエステイト評価において、初めて最高位の「5 Stars」を、2年連続「Green Star」を取得するとともに、さらに上場物流不動産セクターにおける「Global Listed Industrial Sector Leader」及び「Asia Listed Industrial Sector Leader」に選出されました。

2020年11月25日「GRESBリアルエステイト評価」「GRESB開示評価」の結果に関するお知らせ

GRESB開示評価の取得

本投資法人は、ESG情報開示の充実度を測る「GRESB開示評価」(5段階評価)においても、ESG情報開示の取組みが高く評価され、初めて最高位となる「Aレベル」の評価を取得しました。

国連グローバルコンパクト(UNGC)への参加

国連グローバル・コンパクト(UNGC)は、各企業・団体が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって、社会の良き一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組み作りに参加する自発的な取り組みです。
1999 年にコフィ・アナン国連事務総長(当時)によって提唱されて以来、現在(2018年7月時点)では世界約160カ国で1万3,000以上の企業・団体が参加し、「人権」・「労働」・「環境」・「腐敗防止」の4分野・10原則を軸に活動を展開しています。
三菱地所株式会社がUNGCに署名し、2018年4 月に三菱地所グループで参加企業として登録されました。同時に、本資産運用会社も三菱地所グループの一員として参加しています。

外部認証の取得

外部認証取得実績合計

物件数 延床面積(㎡) 比率(%)
環境認証取得ビル(注) 9 680,178 74.3
CASBEE評価 7 636,494 69.5
BELS評価 4 196,186 21.4
DBJ Green Building認証 1 36,082 3.9
(注) 1物件が複数の環境認証・評価を取得している場合は、1物件としてカウントしています。

BELS評価の取得

国土交通省は、非住宅建築物に係る省エネルギー性能の一層の向上及び不動産市場等における適切な情報提供に資するため、「非住宅建築物に係る省エネルギー性能の表示のための評価ガイドライン(2013)」を定めています。BELSは、このガイドラインに基づき、非住宅建築物を対象とした省エネルギー性能等に関する評価・表示を行うものであり、改正省エネ基準(2014年4月1日完全施行)に準じた評価手法が採用されています。
新築建物、既存建物に関わらず様々な尺度を基に第三者機関が省エネルギー性能を評価し、その評価は5 段階(★~★★★★★)で表示されます。

BELSの詳細について
https://www.hyoukakyoukai.or.jp/bels/info.html

▸評価取得実績

本投資法人が保有する物件でBELSの評価を取得している物件一覧は以下の通りとなります。

物件名称 評価ランク 評価取得日
ロジクロス厚木 ★★★★★ 2019年2月20日
ロジクロス神戸三田 ★★★★ 2019年2月20日
MJロジパーク加須1 ★★★★★ 2019年2月20日
ロジポート橋本 ★★ 2018年2月15日

CASBEE認証の取得

CASBEE(Comprehensive Assessment System for Built Environmental Efficiency / 建築環境総合性能評価システム)とは、建築物の環境性能を評価し格付けする手法で、省エネや省資源、リサイクル性能など環境負荷低減の側面に加え、景観への配慮なども含めた建築物の環境性能を総合的に評価するシステムです。

CASBEEの詳細について
http://www.ibec.or.jp/CASBEE/certification/certification.html

▸評価取得実績

本投資法人が保有する物件でCASBEEの評価を取得している物件一覧は以下の通りとなります。

物件名称 評価ランク 評価取得日
ロジポート大阪大正 不動産Sランク 2020年7月10日
ロジポート相模原 不動産Sランク 2019年8月21日
ロジポート橋本
不動産Sランク 2019年8月21日
ロジクロス厚木 不動産Sランク 2019年3月29日
ロジクロス神戸三田 不動産Aランク 2019年3月29日
ロジクロス名古屋笠寺  新築 名古屋 Sランク 2017年7月4日
MJロジパーク春日井1 建築(新築)あいちAランク 2015年9月1日

DBJ Green Building認証の取得

DBJ Green Building 認証とは、環境・社会への配慮がなされた不動産(“Green Building”)を支援するために、2011 年4 月に株式会社日本政策投資銀行(DBJ)が創設した認証制度です。本制度は対象物件の環境性能に加えて、防災やコミュニティへの配慮等を含む様々なステークホルダーへの対応を含めた総合的な評価に基づき、社会・経済に求められる不動産を評価・認証し、その取組みを支援するものです。

DBJ Green Building認証の詳細について
http://igb.jp/

▸評価取得実績

本投資法人が保有する物件でDBJ Green Building認証の評価を取得している物件一覧は以下の通りとなります。

物件名称 評価ランク 評価取得日
ロジクロス福岡久山 ★★★★ 2018年3月30日

MUFG J-REIT向けESG評価 supported by JCR

「MUFG J-REIT向けESG評価 supported by JCR」は、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社が企業のESG(E環境・S社会・Gガバナンス)に関する取り組みが戦略的に行われているか評価する、J-REIT専用の商品です。
本商品は、ESGに関する取組みが、企業価値の向上に資するという機運が高まっていること、及びESG関連情報の積極的な開示について、外部ステークホルダーからの要請も高まっていることを背景に、日本を代表する格付会社の一つであり、信用リスク分析のエキスパートでもある株式会社日本格付研究所もサポートして評価結果が付与されます。本投資法人は、J-REIT第1号案件としてESG評価を取得しています。

本評価制度の詳細については、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社のサイトをご参照ください。
https://www.murc.jp/sp/1810/j-reit/index.html

SDGs推進資金調達

SDGs推進資⾦調達は、融資の実⾏、条件の設定に当たって、株式会社三井住友銀⾏と株式会社⽇本総合研究所が作成した独⾃の評価基準に基づき投資法人及び資産運用会社によるSDGsに関する現状の取組みや本業との関連性を分析した上で実⾏される融資をいい、J-REIT第1号案件となります。
融資実行後、分析に基づいた助言を含む報告書が還元され、今後の本投資法人及び資産運用会社によるSDGsに関する取組みに活用することが期待されます。
2020年9月時点で評価されている本投資法人の取組みとして、テナント・ステークホルダーとの協働を通じた、保有物件における省エネ・再エネ利用の促進や物流施設における高品質化・物流網の維持を通じた地域社会への貢献が挙げられています。


このページの先頭へ