三菱地所物流リート投資法人

ENGLISH

印刷

文字サイズ

地域社会への取組み

  1. ホーム
  2. ESGへの取組み
  3. 地域社会への取組み

地域社会への取組み

「住み・働き・憩う方々に満足いただける、地球環境にも配慮した魅力あふれるまちづくりを通じて、真に価値ある社会の実現に貢献する」という三菱地所グループの基本使命を推進するため、本投資法人の資産運用会社である三菱地所投資顧問株式会社が実施するCSR活動に積極的に参加しています。

テナント満足度向上

本投資法人は「テナント満足度の向上」を重要課題の一つとして認識しております。そのために以下のような各種取組みを行っています。

  • 休憩室(カフェテリア)

  • 売店

  • シャワー室

  • 通勤用シャトルバス

  • 多目的トイレ

テナント満足度調査

本投資法人は入居テナントに対し、「対面(ヒアリング)形式」や「アンケート形式で実施」によるテナント満足度調査を継続的に行い、その結果を施設運営、サービス、リニューアル工事等に反映させることにより、テナント満足度の向上に努めております。

(実施事例)
MJロジパーク福岡1の休憩室改修にあたっては、事前に入居テナント従業員に対し、休憩室に関するヒアリングを実施。その結果を踏まえ、無料Wi-Fi、充電用コンセント、大型テレビ、電子レンジ等を設置するとともに、休憩室の利用形態を考慮し、個別利用がしやすいようなレイアウトを採用致しました。また地元の大学、専門学校の協力により壁面デザインのコンペティションを行い、デザイン案を決定しました。

  • 改修前

  • 改修後

(実施事例)
MJロジパーク春日井1では、2019年に入居テナント企業を対象とした「満足度調査(対面ヒアリング形式)」を実施。その結果を踏まえ、トイレにハンドドライヤーを設置しました。

(実施事例)
複数物件において電気受給契約先を見直し、テナントの電気使用料を削減し、テナント満足度の向上につながりました。

テナントの安全への取組み

本投資法人はテナントの安全に資する取組みを積極的に行っています。また、本投資法人が保有するすべての物件において災害時の報告システムを導入しています。

  • 消火栓水訓練

  • 24時間365日稼働の防災センター

  • 災害時救援型自動販売機の設置

  • AEDを設置

  • 災害時に備えた備蓄を確保 (飲料)

  • 災害時に備えた備蓄を確保 (食料・簡易型トイレ)

地域コミュニティへの貢献

地域コミュニティとのつながり

本投資法人は、地域コミュニティに関与する様々な活動に取り組み、地域社会に貢献しています。また、これらの取組みを通じて、地元自治体、周辺住民、施設利用者等の様々なステークホルダーと相互のコミュニケーションを図っています。

  • あつぎ鮎まつり清掃活動
    (MJロジパーク厚木1の近隣)

  • 厚木の草刈り実施
    (MJロジパーク厚木1内の緑地)

  • MJロジパーク厚木1の公共緑地

  • 公益財団法人フードバンクかながわに災害備蓄品を寄付
    (ロジポート橋本)

  • テナント様向け飲料無料配布
    (ロジポート相模原内)

  • チャリティ自動販売機設置
    (MJロジパーク福岡1)

  • 熱中症対策としてテナント様へ塩飴を無料配布
    (ロジクロス厚木)

エコキャップ運動への参加

本資産運用会社のオフィスで使用したペットボトルのキャップを分別回収し、再資源化による地球環境の保護と、売却益によって世界の子供たちにワクチンを届ける活動に参加しています。

途上国への物資支援

本資産運用会社では、未使用のカレンダーをノートの代わりとして、支援団体を通じて途上国の小学校へ寄付し、未来の子供たちへの支援を行っています。不要となった防災用品を、支援団体を通じて途上国の消防団やレスキューチームへ寄付し、災害支援を行っています。

https://world--gift.com/sutekata/helmets-1.html

千代田区保健所へマスクの寄付

本資産運用会社で保管されていたサージカルマスク1,900枚を、医療機関でマスクが不足していた状況に鑑み、千代田区保健所へ寄付しました。

このページの先頭へ