三菱地所物流リート投資法人

印刷

文字サイズ

運用体制

  1. ホーム
  2. 投資法人の特徴
  3. 運用体制

本投資法人は、投資主価値の向上を重視した運用体制を構築しています。

運用資産の取得又は売却が利害関係人取引に該当する場合の意思決定フロー

本投資法人における資産の取得又は売却については、透明性のある意思決定プロセスで運用します。

(例)三菱地所から取得価格100億円以上での物件の取得を行う場合

運用体制

(注) 投資信託及び投資法人に関する法律第201条の2に基づく投資法人役員会の承認を要する利害関係人等との取引に該当する場合の意思決定フローの例です。

本資産運用会社における優先検討順位のルール化

本資産運用会社は、本投資法人以外に、オフィス・住宅・商業施設等を投資対象とした私募REITや私募ファンドを運用していますが、本投資法人が投資対象とする物流施設等の取得に当たっては、本投資法人に第1位の優先検討順位が付与されています。

このページの先頭へ