三菱地所物流リート投資法人

ENGLISH

印刷

文字サイズ

サステナビリティへの取組み

  1. ホーム
  2. ESGへの取組み
  3. サステナビリティへの取組み

サステナビリティへの取組み

本投資法人は、環境への配慮・社会貢献・ガバナンスの強化といった、社会の持続可能性(サステナビリティ)向上に取り組んでいくことが、上場投資法人として期待されている社会的責務であり、投資主価値の最大化を図る上でも不可欠であると考えています。

こういった考えを実践するため、資産運用会社である三菱地所投資顧問株式会社とともにサステナビリティに対する考え方を共有し、共に取組みを推進しています。

サステナビリティ方針

1.運用不動産における省エネルギーと低炭素化への取組み

運用不動産におけるエネルギー利用の効率化を推進するとともに、省エネルギー製品の利用・切替、再生可能エネルギーの活用等により、温室効果ガスの排出削減に取り組みます。

2.水資源管理と廃棄物管理の向上に向けた取組み

運用不動産における水使用の効率化を図るとともに、廃棄物の3R(リデュース、リユース、リサイクル)に務め、限りある資源の有効活用に努めます。

3.テナントの安全・安心と満足度向上

運用不動産の防災・災害対策を実施し、テナントの安全・安心を高める取組を進めます。また、テナントのニーズに基づくオペレーション方法の改善、設備導入等を進め、テナント満足度の向上を図ります。

4.役職員への取組み

当社役職員の意識・能力の向上のため、社員研修の実施や教育制度の整備等により、継続的な人材育成に努めます。また、多様な人材が働きやすい職場環境の整備に取り組むことで、役職員がその能力を最大限発揮できるよう努めます。

5.外部ステークホルダーとの協働

テナント、プロパティマネジャーをはじめとするサプライチェーンや、地域コミュニティ、行政機関等の外部のステークホルダーと良好な関係を構築するよう努め、本方針の実践に向けた協働に取り組みます。

6.ESGの情報開示と外部評価の活用

投資家をはじめとする当社ステークホルダーに対し、環境・社会・ガバナンス(ESG)に関する情報の開示に努めます。また、本方針に定めるサステナビリティの取組みの可視化と客観性の向上のため、必要に応じ外部評価や認証の活用に努めます。

7.コンプライアンスとリスク管理

法令の遵守に加え、公正な取引、情報の適切な管理、腐敗防止、利益相反防止、人権や多様性の尊重といった社会規範を遵守して業務を遂行します。また、中長期的な観点から、運用不動産に係る環境・社会リスクを考慮し、不動産投資運用プロセスに組み込むとともに、それらを最小化するためのリスク管理に努めます。

サステナビリティ委員会

三菱地所投資顧問株式会社では、「サステナビリティ方針」を実践し、サステナビリティの向上・投資主価値の最大化を図ることを目的として、「サステナビリティ委員会」を開催しています。

委員会の構成メンバー

取締役社長(サステナビリティに係る最終決定権限者)
経営管理部長(サステナビリティに係る執行責任者)
物流リート部長(ファンド執行責任者)
その他各部長及び取締役社長の指名する者

報告内容・開催頻度

サステナビリティ委員会は毎年四半期に一度開催され、原則として毎年1回以上、サステナビリティに係る具体的な目標案や施策案につき、検討、審議を行い、最終決定権限者はそれらを決定します。決定された目標及び施策の進捗・達成状況については、原則として、次回以降の会合において最終決定権限者を含む委員会に対して報告を行い、委員会は報告された進捗状況に関してレビューを行います。委員会で決定されたサステナビリティに係る具体的な目標や施策案及びそれらの進捗状況等の情報について、サステナビリティ執行責任者は取締役会、ファンド執行責任者は定期的に開催される各投資法人の役員会へ報告を行います。

このページの先頭へ